News
顔にクリームを塗っている女性

20代前半の頃までは肌の悩みなんてなかった方でも、30代以降になると毛穴が広がってきたりシミが出てきたりして悩むこともあるようです。
毎日肌のお手入れをしてきたと思っているなら、本当に落ち込みます。
年齢を重ねると、肌の弾力を支えるコラーゲンが低下したり、長年蓄積されたメラニンがシミとなって表面に現れるのです。
アンチエイジングの為に色々な化粧品を試してみたけれど、効果がないと感じているなら、最後の手段としてトレチノインを使用しましょう。
トレチノインは、肌の若返り治療の目的の為にアメリカでも使われています。
肌にはターンオーバーがありますが、年齢を重ねると古い角質が残りやすくなります。
トレチノインを使うと、肌の生まれ変わりを早めてくれる効果があるのです。
このトレチノインを配合している製品にレチンAクリームがあります。
肌のターンオーバーを早めシミをなくしたいのなら、レチンAクリームを使ってみましょう。

しかし、良いことばかりではなく、効果が高い分副作用も伴います。
使い方を間違えると、色素沈着して新しいシミが出来てしまうこともありますので、アフターケアが大切です。
レチンAクリームを使うと、トレチノインの効果で肌の新陳代謝が活性化されることで、肌がとても乾燥するようになります。
なので、化粧水や保湿クリームなどで十分肌を潤わせる必要があります。
なるべく低刺激のものが良いですが、特にお勧めなものはハイドロキノンです。
トレチノイン配合のレチンAクリームとハイドロキノン配合の薬を併用すると、美白効果も高まり絶大な効果を生み出します。
ターンオーバーが早くなり、皮がめくれてくる状態になると、肌を守る角質が本来の力を発揮していないので、紫外線に当たるとシミが出来やすくなります。
保湿クリームの役割として使用するハイドロキノンの効果でこれを防ぎ、白く美しい肌を目指せます。

レチンAクリームについての注意

レチンAクリームは日焼けした肌への塗布や、患部へ直射日光をあてることが禁止されています。
使用している間はこまめに日焼け止めを塗り、外出の際は帽子や日傘を利用して紫外線に当たらないように気を付けましょう。
肌トラブルが起こる前に、初めて使う場合はレチンAクリームの使い方を学ぶことをおすすめします。